EPISODE1 東京営業部
 

お客様には絶対にご迷惑をお掛けしない!
私自身まずこのことを信念に仕事に取り組んでいます。

普段の仕事の流れとしては、まずお客様からのご依頼があり、それを起点に取引きメーカーの選定へ進みます。そのメーカー選定がとても重要になります。
お客様より具体的な選定依頼があった場合は、そのご希望に添って選定しますが、選定も含めてのご依頼をいただいた場合は、お客様が必要とする機器に関係するメーカー数社と同行して商談を重ねます。

このような商談の中で、初めはメーカーからの説明で商談が進み受注に結び付く経緯がありますが、2台目、3台目とお話をいただいた場合は、私のみでお伺いし説明を致します。
その際お客様から「もう、藤本科学さんに頼めば間違い無いから話を進めてください!」などと言われる事があり、
そんな時は、お客様への感謝の気持ちと同時に信頼を得られた喜びが湧き上がってきます。

ある時、プリント基板を乾燥する機器のご依頼があり、その機器の仕様はお客様独自のもので、メーカーと何度も打ち合わせを重ね、仕様に結び付きました。
お客様には図面の作成など、大変なご尽力をいただき、その結果ご満足いただけるものが納められ、感謝の気持ちとその仕事を成し遂げた充実感が今でも心に残っています。この機器もお客様の生産ラインの増加で数台納入しましたが、2台目以降はお客様の『頼むよ!』の一言で話が進み納入しました。
このように実績と経験を積みながら、お客様のお役に立つ仕事を成し遂げることが自信に繋がり、私の喜びでもあります。

また、社内的には管理職として多くの後輩の指導にも携わっています。 様々な営業活動を通して、私の下で仕事を覚えた後輩たちがそれぞれのお客様を担当し、活躍する姿を見ると、嬉しさの反面、自分も負けていられないという向上心が湧いてきます。

社内では中間的な年齢でもあるので、先輩方と後輩の架け橋的な立場で、仕事の楽しさを伝えられる環境を作れるように、これからも努力をして行きたいと思っています。

「頼むよ!」の一言で話が進み... EPISODE2
EPISODE3